MacBookPro + Ubuntu 14.04にCUDA-6.5をインストールしようとして7.5をインストールした話

CUDAをインストールします.CUDAは過去にインストールめちゃくちゃ苦労した記憶があります.何度も失敗しては何度もOSをクリーンインストールするハメになりました.かなりトラウマなのですが,やってみます.

今回はMacBookPro 11,3 (Retina, 15.4, Mid 2014)にUbuntu 14.04.3をインストールして,そこにCUDAをインストールします.グラボはGeForce GT 750Mというものになります.CUDAは7.5まで出ていますが,少し枯れたものを使いたいのと,Jetson TK1という今後使おうと思っている小さいPCではCUDA7以降が入らないっぽいので,6.5を使います.

ネタバレしますが,結局7.5をインストールすることになります.割と時間かけてどのバージョン入れるか悩んだのに...

知人の方が「インストールは成功したが,CUDAを走らせるとXWindowが死んでテキストモードになった」という恐ろしい事前情報をくださいました.これはどうやらnouveauが原因だったんじゃないかと思われます.関連記事がここにあります.

オフィシャルドキュメント

ここにオフィシャルドキュメントがあります.

NVidiaドライバをアンインストール

入れていない場合はこの項目を飛ばします.私は過去の教訓を生かし,CUDAをインストールするまでNVidiaドライバをインストールしないようにしていました.

CUDAをアンインストール

すでに別バージョンのCUDAを入れている場合もアンインストールしておく必要があります.

debファイルをダウンロード

インストール用のrunファイルをダウンロードします.CUDA 6.5 downloadとかをキーワードに検索するとページが出てきます.2016.1.7時点では以下にあります.

CUDA-6.5 ダウンロードページ

Ubuntu 14.04, x86 64bitの項目のDEBを右クリックして「名前を付けてリンク先を保存」を選択してダウンロードしてください.普通にクリックすると,Ubuntuソフトウェアセンターが起動してGUIでインストールすることになります.先人と少しでも異なる手順は踏みたくないので,前述のようにしてダウンロードします.現時点ではファイル名は

cuda-repo-ubuntu1404_6.5-14_amd64.deb

でした.

CUDA-6.5のインストール(結局7.5インストール)

インストール

さぁXWindowをぶっ壊すぞー!とかつての私なら言っていたはずですが,先人たちを信じてインストールします.

ターミナルでダウンロードしたdebファイルがあるディレクトリに移動し,以下を実行します.

  1. sudo dpkg -i cuda-repo-ubuntu1404_6.5-14_amd64.deb
  2. sudo apt-get update
  3. sudo apt-get install cuda

さぁ,インストールが始まった!よしよし.
ファッ!?めっちゃ7.5インストールしてるやんこれ!!

daichi@daichi-pc: ~-Downloads_003.jpg
まぢもぅ無理...7.5入れとこ...
daichi@daichi-pc: ~-Downloads_004.jpg
7.5のインストールを指を加えて見守るしかなかったのであった

アンインストールとか地雷臭がすごいし,おとなしく7.5入れることにしました.

明示的に古いバージョン入れるのはやり方違うってこと?runを使えば良かったのか・・・?Jetson TK1にCUDAをインストールするときに頑張ります...

環境変数の設定

  1. ターミナルを開き,~/.bashrcをエディタで開く
  2. 以下を追加する
    export CUDA_HOME=/usr/local/cuda-7.5
    export PATH=${CUDA_HOME}/bin:$PATH
    export LD_LIBRARY_PATH=${CUDA_HOME}/lib64:$LD_LIBRARY_PATH
    ※cuda-6.5のはずだったんだが...
  3. ターミナルで以下を実行
    source .bashrc
  4. 再起動

ちなみに再起動するとディスプレイの設定(メニューとタイトルバーの拡大縮小を1.62に変更していた)が元に戻っていたので,再設定しました.

サンプルプログラム

まず,ドライバがインストールされたか確認します.ターミナルで以下を実行します.

cat /proc/driver/nvidia/version

daichi@daichi-pc: ~_005.jpg
ドライバのバージョンは352.68のようです

次にサンプルプログラムを動かしてみます.ここでXWindowが死ななければ勝ち組!以下ターミナルで実行してください.

  1.  mkdir -p ~/Work/samples/cuda
  2. cuda-install-samples-7.5.sh ~/Work/samples/cuda
  3. cd ~/Work/samples/cuda/NVIDIA_CUDA-7.5_Samples
  4. make
  5. cd NVIDIA_CUDA-7.5_Samples/1_Utilities/deviceQuery
  6. ./deviceQuery

makeじゃなくてmake -j8とかにしとけば良かったかも.めっちゃ時間かかりました.

で,結果ですが,うまくいきました!

daichi@daichi-pc: ~-Work-samples-cuda-NVIDIA_CUDA-7.5_Samples-1_Utilities-deviceQuery_001.jpg
よかった・・・

ちなみにNVIDIA_CUDA-7.5_Samples/5_Simulations以下にあるsmokeParticlesも実行して,問題なく動きました.このサンプルは5年くらい前にも実行したんですが,今のようにサクサクは動かなかったですね.

CUDA Smoke Particles (65536 particles): 50.7 fps_002.jpg
めっちゃ早く追従してくる煙.楽しい

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中